2007年05月03日

二重まぶ.たの切開法 (埋没法との違い)

二重まぶ.たの整形手術 切開法の紹介

二重まぶた切開法のいいところは埋没法と違って元に戻らないというところです。

二重まぶたに自力でなりたい方にはお勧めできません。

二重まぶたの切開法にも幾つかの方法がありますが、今回はまぶたの脂肪が多くはれぼったい方向けの作り方です。

具体的な方法としては、

二重にしたいラインにそってまぶたをカットして、余分な脂肪を取り除いてから、縫い合わせて、二重まぶたをつくるという整形手術です。

整形手術というと傷跡が気になりますけど、

二重まぶ.たのラインと手術による切開ラインが同じなので傷跡は気にならないといわれています。

二重まぶたの切開法
の一番のデメリットは

後でやり直しがきかない、術後のハレが大きいなどのデメリットです。

一方、メリットとしては二重のラインが絶対にとれないというメリットです。

もちろん、入院の必要 もなく手軽に行える方法というのも利点ですね。

二重まぶ.た切開法では瞼の脂肪や皮膚の弛みも取れるので目元の悩みが解消できるというところもいいですね。


あとは埋没法に比べ、
二重まぶ.たの切開法は目元の脂肪を取ってもらうので埋没法よりもクッキリとした二重まぶたのラインが出来るそうですよ。


とくに二重まぶたの切開法では部分切開法がお勧めなんですけど詳しく又べつのときにご説明しますね。


とはいっても、初めて二重まぶたの手術を受けられる方には、修正もできてメイク感覚の埋没法をお勧めします。

やっぱりだれだって急激な変化は避けたい所ですし、
二重まぶ.たを実際に体験してみるには一番お手軽かつ気軽な方法だと思います。

もちろん、埋没法はパーフェクトな方法ではないことは覚えておいてくださいね。

埋没法では永久的に二重のくせがつく事も多いのですが、数年すると元に戻る可能性もあります。

半永久的だといわれて、安易に埋没法をうけるとショックをうけますので上記のようにまずはお試し感覚の二重まぶたをゲットしたい方にお勧めします。

元に戻らない永久的な方法は切開法だけです。

でもいきなりまぶたに大きくメスを入れるのはちょっと怖いですし不安・・・・普通な反応です。

そこで登場するのが部分切開法。

傷も少なく、回復も早い方法なのでこうご期待!

まとめ:

二重まぶたの切開法まぶたの脂肪が多くはれぼったい方、まぶたの皮膚が厚い方、ハッキリした二重のラインを希望する方に適した手術です。


以前に埋没法を受けられ悩んでいる方は一度検討してみてくださいね。


二重まぶ.た切開法の施術によって後悔したといった怖い情報も雑誌などにも掲載されています。

よーく比較検討して決めてくださいねぴかぴか(新しい)


これからも、二重まぶたの方法や自力での作り方を紹介していきます!
posted by 二重まぶた@作り方 at 15:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。