2007年05月11日

二重まぶたの整形方法(埋没法と切開法の違い)

二重まぶ.たの整形手術 埋没法の紹介


二重まぶたは、自力でマッサージを行う方法以外にも、プチ整形というのも一つの方法です。

でも、
二重まぶたを作る為にメスを入れたくない。というのも正直な所ではないでしょうか?

以前は、
二重まぶたの整形方法というと、まぶたをメスで切開して一重の原因となっているまぶたの下層の脂肪を取り出すといった方法が主流でしたが、今ではメスを使わずに簡単に二重まぶたが出来てしかもすぐにもとにも戻せるという埋没法が大人気です。

とはいえ、埋没法にも限界や短所があるようですから、自分に合った治療を選択することが大切なようです。


二重まぶた埋没法は、二重まぶたのプチ整形として良く知られるようになった方法ですね。

「二重まぶた埋没法」とは医療用の非常に細い糸(体内に吸収されないタイプ)を使い、二重まぶたを作りたいラインに沿って皮下2,3箇所を留めて二重まぶたを作ります。

二重まぶたの切開法とは異なり、メスによる切開は必要しません。

例えて言うなら、ズボンのの裾揚げをするような感じでしょうか・・。


二重まぶたの整形の中でも埋没法は元に戻りやすいというデメリットが良く強調されていますね。

でも、最近では二重まぶたの埋没法の研究が進み、工夫され元に戻りにくくなったといわれています。

今や二重まぶた整形の主流の施術方法です。

糸を通すだけの整形方法ですので二重まぶたの切開法と違い施術時間も短く安全に5〜10分という短時間でできる治療です。

しかも、二重まぶたの仕上がりに不満のある場合には、抜糸すると元に戻るんです。

体を傷つけないので手術後の痛みや包帯もなく、
一般的に化粧や洗顔も比較的すぐに可能と言われます。


自力でのマッサージ方法による二重まぶたの作り方もお勧めですけど、埋没法埋没法が気になっている方は一度検討してみてくださいね。


二重まぶ.た切開法

これからも、

二重まぶたの整形方法や自力での作り方を紹介していきます!
posted by 二重まぶた@作り方 at 13:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。